2009年12月2日水曜日

DVDで『地球が静止する日』を途中まで見た。

地球が静止する日 [DVD]
1951年公開の『地球の静止する日』のリメイク。邦題では「の」と「が」を変えて区別している。
つまんなかったから途中でやめた。
なんでかなあ。
なんで「リメイク」したんだ?
物語の展開に無理があり過ぎだ。
女と黒人の子供が一緒に行動しなければいけない必然性が、全く理解できない。

旧作も色々無理はあったけど、でも面白かったのは、なんでかな?
映画物語の焦点がはっきりしてたからかな?
旧作は「SF的な架空の世界の造形」とかは捨ててるからな。

2 件のコメント:

Unknown さんのコメント...

 ご無沙汰してます.

>物語の焦点がはっきりしてたからかな?
 私もそう思います.

中川克志(NAKAGAWA Katsushi) さんのコメント...

おお、ご無沙汰です。
ねえ。
旧作はけっこう面白かったのに。