2010年1月17日日曜日

DVDで『原子怪獣現る』を見終えた。

原子怪獣現わる 特別版 [DVD]
B002BS02TI
これ、何の話だったんだ?
核を使うと古代の恐竜が復活して都市を攻撃しにくるかもしれないが、アイソトープを使えば撃退出来る、って話に思われたが、そうなのだろうか?
アイソトープってなんだろ。。。

---------------
20091210に以下のようなメモを書いてあった。
10分くらいずつ見てたのだ
---------------
DVDで『原始怪獣現る』を途中まで見た。
原題は『THE BEAST FROM 2O000 FATHOMS』。
核爆発の実験跡地に登場する怪獣って、ゴジラみたい。

僕はSF好きだけど、けっこうライトなファンでマニアではない。
特撮マニアでもないし、「昔のSF映画」を楽しむのは大変だなあ、と思った。
「昔のSF映画におけるサスペンス」が、退屈でしょーがない。それに、この時期の「特撮」のレベルは、20年程前の「テレビで放送されるお笑いコントの特撮」みたいなもんなんだなー。
なるほど。

電話交換手が「交換先の人間の個性(頑固だ、とか)」を知ってる、って「風俗」が見れて、それは面白かった。

「大学から帰りの電車の中」限定で見てるからかもしれんが。
でも、この「家でゆっくり見る気にはならないし自分の専門にも関係ないけど、ちょと気になっている映画」を見るには、ちょうど良い時間なんだが。
もうちょっと通勤時間、なんとかならんかな。通勤時間と労働時間の比率がひどすぎるねん。

0 件のコメント: