2011年5月31日火曜日

一万ルーメン

は、こんな感じ。
まだまわりはけっこう明るいけど、よく見える。

2011年5月28日土曜日

Blue III

ろけんろーらーは、カンフーが、好き。

ここ

にいるとフツーだが、写真でみると、なんかおかしい。

としい(ボーカル)

は、かっこいいなあ。

ヤクルトの歌

のあと、オヤジギャグと下ネタ。
そして、恋の鳩ポッポ

TOKYO

のOは、おーまいごっととぅぎゃざー。

死殺団@新宿ジャム

梅雨入り宣言終了。

僕には良さが分からない

が、とても盛り上がっているように見えるバンドの時間。
ってのがあったなあ、と思い出した。
耳をいためないように気をつけて、時間をやり過ごしたり。
また外に出るべきか?

みんなで

えーろーぽりーすー、してる。
楽しいステージだ。

ニューアイドル

が、間違った避妊法を歌いあげている。

ニューアイドル

登場。

誰か知らない

が、金太郎の前掛け的なものを、背中に付けてるように見える。

正面から、まったく引き締まっていない若い男の裸を見せられると、なにかの罰ゲームを受けている気分になる。
しかもデス声メタル。

なにが「いかしたお前はチェリーボーイ」やねん。
もっと痩せろ。

ライブハウス

リズムが微妙にぶれたりもする下手くそな演奏とか、低音ばっか強調する雑なPAとか、すぐに手の届く天井とか。
懐かしいといえば懐かしいが、とりあえず、うるせえな。

新宿ジャム

に入って一分で、自分がライブハウスを好きくないことを思い出した。
窓ないしうるさいし。
この後、ライブ見るなんてできるんだろうか。

DVDで『Song Catcher〜歌追い人〜』(2000)

Songcatcher
マギー・グリーンウォルド
B0002Q2JU6
むかし@taninen の講義用ブログに参考資料としてあげられていて知って見たのだが、音響文化に関心があるものとしては、予想外にとても面白い映画だった。
(「感動のヒューマン・ラブ・ストーリー」としては、すべてのカップルの組み合わせについて辻褄があっていなかった気がする。一番理解できなかったのが、主人公の音楽学者と二回妻と死に別れた山男が、なぜ、恋に堕ちることになったのかさっぱり分からなかった。ただし「20世紀初頭のアメリカの山奥にいたレズビアン・カップル」を描いていたのは、『ブロークバック・マウンテン』より早い映画なので「へー」と思った。)
19世紀末のアパラチア山脈周辺では、山岳地方では周りと隔絶した生活を送る人々も多かったので、イギリスやスコットランドから移住してきた人々が本国ではなくなってしまったバラッドを歌い継いでいて、研究者や愛好家たちは、それらを蒐集することに務めていたらしい。それは「イギリスの正しいフォークソング」であると同時に、その頃には、「アメリカのフォークソング」として認識され始めていたらしい。ということを僕は最近は大和田俊之『アメリカ音楽史』(講談社選書メチエ)で勉強したのだけど、この映画の物語背景は、これ。
音楽学者の仕事は、貴重な文化遺産を守り世間に知らしめることだ、と述べる音楽博士が、アパラチア山脈で歌い継がれていたバラッド( love song)を、フォノグラフで録音したり採譜したりするうちに…という人間模様なお話。
だから、音響テクノロジーに」関心があるものとしては、「フォノグラフと五線譜で民謡を採譜している音楽学者」が出てきているのだから、面白かった。
最後のオチが「山の音楽のシリンダーを作って売るために山から出ていくこと」だったり。時代は「研究者仕事とか採譜とか」から「レコードを販売すること」へと移行していった、ということだろう。

ちょっと思ったのだけど、こんなふうに、採譜したり録音して「山のバラッドを採集して楽譜を出版する」という音楽学者に対して、採集される「山の人間」が、「泥棒め!」ということなんかあるのだろうか。つまり、その作業を、自分たちの文化的遺産の収奪だ、と意識してすぐに被害者感情を持つ、ということはあるのだろうか?
ないと思うのだが、やはりこれは、物語を推進させるための設定か? 物語の組み立ては結構ざつだった気がしたな。
面白かったけど。


歌追い人Songcatcher ~歌追い人~ - 映画作品紹介
歌追い人@映画の森てんこ森


アメリカ音楽史 ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで (講談社選書メチエ)
大和田 俊之
4062584972
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション [DVD]
B000EXZA1W

2011年5月24日火曜日

マルカワオレンジフーセンガム

セブンイレブンで買った。止まらん。
一日で全部いってしまいそうだ。

2011年5月22日日曜日

DVDで『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ(Mitt liv som hund)』(1985)

マイライフ・アズ・ア・ドッグ 【HDマスター】 [Blu-ray]
B003ZDNJ3Y『ギルバート・グレイプ』ラッセ・ハルストレムの監督作品。スウェーデン語なのでよく分からないが、Google翻訳によると、原題の英訳はMy Life as a Dogとなるらしい。
12歳の少年イングマルは、兄にいじめられても、母が死んでも、父が南の海から帰って来なくても、父の兄夫婦のもとに預けられた後に母の弟夫婦のもとにたらい回しにされても、人工衛星に乗せられて地球最初の宇宙旅行生物になって餓死したライカ犬に比べれば、幸せだ、と言い聞かせている。で、やっぱりラッセ・ハルストレムという人はちょっとした人間心理の描写が面白い監督みたいで、母の弟夫婦の村で知り合った少女との間に芽生えるちょっとした恋心とかを、膨らみ始めた少女の胸を「見せようとする少女と見たくないと思う少年のやり取り」とかで描写する。
なので、途中までは「これはロリコンなひとにはたまらない映画かもしれないなあ」と思っていたのだけど、途中でそういうものではないな、と思ってものすごく面白くなった。途中で、この少女とちょっとしたイサカイの最中に、まるでそれまでの捨てられたらいまわしにされたストレスを発散するかのように、イングマルに「愛犬シッカン」が憑依(?)するからだ。イングマルは、犬の鳴きまねがとっても上手なのであった…(続く)。
-----------------------
幸せとは何かと比較することで得られるものであると思うが常に自分より下のものを数え上げなければいけない人生は大変だなあ、ということと、ラッセ・ハルストレム監督の映画は淡々とした日常描写がとても素敵だなあ、ということと、ラッセ・ハルストレム監督の映画には何か欠けている気がするが多分それは「田舎に住む自分たちを上から俯瞰するような視点」なんだろうなあ、と思った。
とはいえ、ラッセ・ハルストレム監督が「都会の映画」を撮影することなんかないだろう。

2011年5月19日木曜日

中庭(?)

にいる。
けっこう広いので、風で木が揺れるのがよく分かる。

2011年5月16日月曜日

かにラーメン@黄金町駅そばのラーメン屋

ラーメンにカニが入ってるだけで、さして芸が細かいわけじゃないが、あっさりスープが、かにの出汁が出ていて、美味しかった。

2011年5月15日日曜日

大麻を吸わせろデモ@渋谷

がやってた。反原発デモじゃなく。
小規模で学祭みたいだった。
実現して欲しいものではあるが。

東京では毎週デモがあるのか?

靖国神社

は、間に合わず。
早くに行かんとな。

2011年5月14日土曜日

2011年5月13日金曜日

学食で

最後のひとりになった。
これがいわゆる「ボッチ」というやつだな。

2011年5月11日水曜日

前進する家族:江ノ島にて

2011年5月8日、翔けていく糸川家、江ノ島にて。
この家族は別にこんな「前向きorアウトドア」な人々ではないと知っているからこそ逆に、感動的な気もする。
ともかく、ソウくんは元気だった。

2011年5月9日月曜日

そのまんまちりめん

ジャコの目玉も分かる。
薄い食感が、爽やか。

そのまんまちりめん

江ノ島みやげ。
美味しい。止まらん。
ちりめんじゃこを平たく押し潰したせんべい。

2011年5月8日日曜日

江ノ電から海

が見える。
良い景色。
今日で休みが終わるなんて信じ難い。

えのでんはうす

の吸引力は激甚!
一度引き込まれた子どもが脱出するのは、なかなか難儀なことなのであった。

江ノ島

を堪能した。
想くんは、途中で寝落ちすることもなく、家路に向かっている。まだ分からんが。
子どもと休日を過ごすのって、大変だ。

大船観音寺

というものだった。

大船

にいる。糸川家と合流し、モノレールに乗って江ノ島に行く予定。
あの像は何だろう?
明日から五月病になりそうな予感がする。

2011年5月7日土曜日

ビニール袋の鯉のぼり

もいる@大岡川

鯉のぼり

が、ぐったりしてる@大岡川

妻のおかげ

で、まともな服を購入できそう。
ひとりなら買わずに帰りたくなるので、付き合って選んでもらって、ありがたい話である。

しかしまあ、僕はいつから服とかに関してこんな感じになったのか。次からは、ひとりでもみなとみらいに来れるようにせねば。

2011年5月6日金曜日

妻に

渋谷駅前にハチ公の像は実在することを示したところで、今から帰る。

青山スパイラル

にお茶に来た。
来てから気付いたが、十年弱前にこの地下でライブしたことがある気がする。O.K.で。
その時、リハ前に散歩して、青山なんて町には二度と来るまい、と思ったのだったが。

その頃は、コーンハットがお洒落アイテムとして流行ってた!

串焼き

今、僕の最後の一本をどれにすべきか、ということに悩んでいる。
やはり真ん中の一本にすべきか。
これが何かは分からんが。

とにかく隣の隣にいる9人がうるさい。
何のグループだろう。

表参道のホルモン串

のお店にいる。
酒巻さんは、東急田園都市線沿いに住んでいるらしい。
串はまだか。

自由軒

を堪能した。
また来よう。

自由軒

でカレーを食べて関東に。

なんばグランド花月

に初めて来た。
漫才を生で見られる。
楽しみだ。