2011年7月10日日曜日

北條知子のトレース(2011)

舞台の両端にひとがいる。
よく分からんが、互いに質疑応答して、それを録音したものを再生しつつ、その音を真似て互いに質疑応答を繰り返す?
システムがよく分からんのと、なんか時々起こる笑いがよく分からんかった。内輪受けか?

システムが分かりやすいかどうかって、モダンかどうかの指標のひとつだと思う。

0 件のコメント: