2012年1月23日月曜日

ジャックアンドベティで『サウダージ』

二回目も面白かった。群像劇なんだか、土方のあの人の存在感は抜群だ。
国道20号線に続き、トミオカさんが出てることに気づいた。これはもしやトミオカさんの映画なのかもしれん。
三作品連続して見ると、モンタージュの仕方とか編集とか、音響処理とか、ぐんぐん洗練されてきたことが分かった。

松原さんがいた。高槻出身で弘明寺に住んでる松原さんは、今から子どもを迎えに行くらしいが、僕は、映画終盤にかかった「わがままジュリエット」にいたく感動したので、TSUTAYAにぼういのCDを借りに来たのであった。

0 件のコメント: