2012年1月13日金曜日

DVDで『戦艦ポチョムキン』(1925)


改めて見て思うに、この映画が面白いのは、これが初めて「モンタージュ」を駆使した映画であるってことだから、「オデッサの階段」が出てくる約六分間の場面を集中して見てたら、けっこう、それで良いって気分になってくる。
その他の部分はソビエト革命バンザイの映画だし。


階段を転げ落ちていく乳母車は、色々な映画で引用されている。
ブライアン・デ・パルマ監督の『アンタッチャブル』(1987)など。




戦艦ポチョムキン【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
B001O8OR9C

0 件のコメント: