2012年7月29日日曜日

DVDで『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(1996)


面白かった。
伏線というか色々な問題はほとんど何一つ解決しなかったけど、そんなことはスプラッター映画にとっては些細なことだということを、絶大な説得力を持って教えてくれる映画だった。
「ジャンルが変わる映画」として有名らしい。こんなに潔くスッキリ変わってくれるなんて!
『ダークナイト・ライジング』のフラストレーションをすっ飛ばしてくれるB級映画だった。

フロム・ダスク・ティル・ドーン [DVD]
B0069EO8B8

2012年7月28日土曜日

映画館で『ダークナイト・ライジング』(2012)

改めて前作の凄さを知った。
見終わった後はともかく見ている最中は「すごい映像だなあ」と思わせ続けるってのもスゴイことだ。



ーーーーーーーーーツイートメモーーーーーーーーーーーーーー
ダークナイトライジング終了。長えよ、と思った。とりあえず「すごい特撮」やったな。話は途中でこんがらがってきた。
posted at 19:11:03

新高島駅イメージキャラクター

高島綾乃というそうです。

2012-07-27-オーディオテクニカギャラリー


20120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_01620120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_01920120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_02020120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_02620120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_03120120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_032
20120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_03320120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_03420120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_03520120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_03620120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_03720120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_038
20120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_03920120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_04020120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_04120120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_04220120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_04320120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_044
20120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_04520120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_04620120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_04720120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_04820120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_04920120727-2.オーディオ・テクニカ・ギャラリー_050
2012年7月27日、オーディオ・テクニカ・ギャラリーにゼミ生たちと見学に行きました。
SPレコードを再生するグラモフォンだけでなく、エジソンの初代フォノグラフや、ヴィクトローラや、レコードチェンジャー機能付きグラモフォンなども見て、しかも触らせていただけて、とてもおもしろいところでした。

◯学んだこと
オーディオ・テクニカ・ギャラリーにはJr町田駅からバスで行くべし!(Jr成瀬駅からではなく)

2012年7月27日金曜日

テスト

テスト

test

test

go@blogger.com

への投稿が反映されていない!
今日の昼過ぎから。

オーディオ・テクニカ・ギャラリー


は、小さいけど説明が充実していて、何より、触れる!
面白い!

オルソフォニックビクトローラ、クレメンザ

http://www.youtube.com/watch?v=1OLURAGE9Xk
けっこう音量大きい。


iPhoneから送信

オルソフォニックビクトローラ、クレメンザ@オーディオ・テクニカ・ギャラリー

http://www.youtube.com/watch?v=1OLURAGE9Xk
けっこう音量は大きいことを確認した。

大城真さんの作品


ブラウン管のチラツキとスピーカーの物理的な振動の共振を演出したもので、面白かったです。
音を発しないサウンドアート、ってやつか?!
「サウンドアート」って言い方、古いか。

Elegy to Analog TV


というのを見に来た。
大城さんの作品があるし、空き時間にうまく調整できそうだったので。

ま、でも、暑くて遠いな、ここ。

Cafe & shop uma

は、カフェとかギャラリーというか、民家だった。
高の原のカフェとかパン屋さんたちを思い出した。
東京にも色々あんだなあ。

府中市

に来た。
南武線に乗っているときは東大阪っぽいなあと思ったが、府中市は、長野の田舎を思い出させるところだ、と思った。
暑い!

府中市は競馬のまち

なんだな。

梅ジャムを使ったアイスクリーム


を作った。
とても簡単でなかなか美味しい。
次はもっとハチミツ控え目にしよう。
これで梅シロップを作ったあとの梅の使い道も決まりである。
アイスクリームって、こんな簡単に作れるんだなあ。

2012年7月24日火曜日

ナボナ

はお菓子のホームラン王で、ブッセに似ている。
これで明日からあの偉大な王選手のように偉大に生きていけることだろう。

2012年7月22日日曜日

DVDで『ファイトクラブ』(1999)


長かった。
デビッド・フィンチャーの特徴として、アップの映像が面白いな、と思った。
とくにその後、なぜかHDDに録画してあった『ヴィヨンの妻』(2009)を見たのでなおさら。
とはいえ、途中で二回眠ったので、僕には冗長だったようだ。そして全体のテーマがよく分からなかった。
ストーリーテリングが難しい。
なんでテロを起こそうとしたのか? エンディングはハッピーエンドじゃないよな?! とか。


色々深読み可能な映画らしいが、分からかった。

『ファイトクラブ』完全解読:
ファイト・クラブ (映画) - Wikipedia:

ファイト・クラブ [DVD]
B003L94EZY

先端芸術音楽創作学会

馴染みのない学会は興味深かった。
ひとつだけ。
電子音楽データベースの話で、入れるべき対象の規定が難しい云々という議論があるようだが、それは「何を芸術音楽と規定するか」という話でしかないのではないか? データベース制作者たちの何かのイデオロギーを反映するもんなんだから、客観的なものではあり得ない、というところから話を始めるべきではないか。



追記:たぶんシュトックハウゼンの電子音楽のポイントは、聴いて面白い、と感じる原因を求めて作曲家の言葉や作品の制作方法を調べても、納得の行くポイントが見つからないこと、なんだろう。

ツイッターメモ
RT @sumihisa: 本日13時より洗足音大にて第12回 JSSA研究会。http://t.co/YgAjzYu4 今回の目玉はマルク・バディエ氏によるスペシャライゼーションに関する講演(シュトックハウゼン《テレムジーク》の5チャンネル版上演あり!)と、電子音楽データベースに関するセッション。
posted at 13:19:21
洗足学園大学で行われている先端芸術創作音楽学会JSAAに来ている。30-40人いると思うが、半分以上がノートパソコンを広げていて、色んなmobileな電波がとびかっている。機材の数とか、前半の人たちの発表内容は、工学系だなあ。あるいは、作家が多いのか。
posted at 15:50:28
シュトックハウゼンのTelemusikを五つのスピーカーで再現する、というものを聞いた。音楽は面白い。シュトックハウゼンの音楽で面白いなと思うのは、その面白さは、その背後にある制作理論とか歴史的コンテクストを知ってもあまり説明されないように感じること、かな。
posted at 15:53:31
RT @JSSA_Info: うまくリンクはれなかったので、再掲http://t.co/3FxgnVDD (live at http://t.co/fNPFslVr)
posted at 16:18:08
ここでは翻訳なしで英語で質疑応答が行われる。細かい話でもだいたい通じている。これくらい蜜なコミュニティだと、東アジアにおける電子音楽データベース作成、といった具体的な仕事を学会単位で進める、ということも可能だろうなあ、と思った。
posted at 16:26:37
川崎さんの報告なって、突然ぐんと親しみやすくなった。なんだろ、これは。RT @JSSA_Info: 川崎弘二先生の発表。「日本の電子音楽についてのデータベース」作成の経緯 (live at http://t.co/Q9cF4lTR)
posted at 16:27:59
RT @sumihisa: ログインするのにID、PWがいります……・@JSSA_Info データベースのリンクはこちら
posted at 16:31:05
川崎さん@koji_ks は、今まで記録したインタヴュー時間の総計が、200時間を超えているらしい。
posted at 16:42:13
RT @JSSA_Info: 「日本の電子音楽」でインタビューした人について。20から50年代の作曲家へインタビュー。録音時間は215時間。 (live athttp://t.co/fNPFslVr)
posted at 16:42:20
最初に質問状を作成してそうふしておくらしい。そのうえで、実際に会って、そのなかからいくつかのものを質問していく、というやり方らしい。
posted at 16:46:09
先端芸術音楽創作学会: 馴染みのない学会は興味深かった。 ひとつだけ。 電子音楽データベースの話で、入れるべき対象の規定が難しい云々という議論があるようだが、それは「何を芸術音楽と規定するか」という話でしかないの… http://t.co/xngS7fmM #Iamalive
posted at 17:46:19

2012年7月18日水曜日

メモ:『百万弗大放送』について

チェックしたいのはオスカー・フィッシンガーがThe Big Broadcast of 1937 (1936)のために制作した映像だが、チェックできない。
作品制作年代などから考えるとAllegretto (1936)のような映像だったのかもしれないが、William Moritzのフィッシンガー本によると、フィッシンガーはカラーで映像を制作したのに、映画では白黒でプリントされたらしい。これがどのように白黒映画に使われたのかが分からない。あるいは使われなかったのか。

1.
『百万弗大放送』という邦題で上映されたものの原題は、The Big Broadcast of 1938 (1937) で、コメディアンのボブ・ホープの出世作。これはDVDになっている(字幕版がVHSで入手できる。3000-4000円)。


2.
オスカー・フィッシンガーが1936年に渡米したのは、The Big Broadcast of 1937 (1936)のためにちょっとした作品制作を依頼されたから。これはDVDにもVHSにもなっていない。



参考:Oskar Fischinger, Allegretto, 1936, 2m34s




3.
The Big Broadcast of ... というのは、当時のラジオ・スターたちによるミュージカル映画シリーズ(パラマウント)で、他にも2つある。
The Big Broadcast (1932)はDVDになっている(が、現在入手不可能らしい)。
The Big Broadcast of 1936 (1935)はDVDにもVHSにもなっていないが、Youtubeで見ることができる(とWikiに書いてあるが、見つけられない)。


4.
100万ドル大放送【字幕版】 [VHS]
B00005H6V4


The Big Broadcast (1932)
Bing Crosby
B005QBVZK2

The Big Broadcast of 1938 / College Swing Double Feature

Francis Martin
B00005UMFC

2012年7月16日月曜日

横浜美術館の前

短パン、ポロシャツで来たので、無茶寒い。
なぜだか、遠くから、ぱわーとぅざぴーぽー、という歌声が聞こえて来た。

綿毛『加藤くんからのメッセージ』

夢は必ずかなう、だから僕は妖怪になる、僕は死なない!と叫ぶ加藤くん(同じ年だった)のドキュメンタリー。
これで実験映画の授業のレポート書く学生もいるわけだが、そこはそれ、よろしく頼むよ!

2012年7月15日日曜日

梅田哲也@円盤夏祭り

スゴイ、面白い。
ドライアイス、玉ねぎのざく切り、魚の七輪(?)焼き、ポータブルレコードプレイヤー、一滴づつ落ちる水滴、二人の語り。

すげえな。

三沢洋紀と岡林ロックンロールセンター

ライブ終了。
今日は素晴らしい出来だったのではないかと自己満足している。



iPhoneから送信

『具体』展@国立新美術館


面白く見た。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
以下、見ている最中の感想。

「既成芸術へのレジスタンスとしての芸術」がまとめられると、それらは類型化できるのではないか。

抽象を志向するのはもちろんのこと、キャンバスの形態をいじったり、キャンバスを別のもので代用してみたり(田中敦子の電気服など)、泥をビニールで包んだり。大きく言えば、具体も芸術という制度を前提とするものだが、その意味では、「制度」に対する批判力はもうない。
しかし、「制度」に対する批評的効力がないからといって、つまらないわけでもない。「制度」への批評が出発点だったにせよそうでなかったにせよ、そこからスパークした想像力は今見て面白いモノも多い。だって、誰が髪の毛で絵を描こうと思うか? あるいは、誰が扉に紙を貼り付けてそれを破ろうと思うか? など。

これが芦屋中心の運動だったことも不思議だが、今まで回顧展がなかったことにも驚いた。個々の作家の回顧展しかなかったというのは何かの怠慢ではなかろうか。

とはいえしかし、僕の関心は、ここから「アヴァンギャルドの類型化」ができないものだろうか、ということである。
できんかなあ。
やっぱ無理かなあ。

ミシェル・タピエによって海外に知られることで、具体は、絵画を中心とするグループへと展開していったらしい。
これは興味深い論点/観点だ。
なるほど。

ヨシダミノルの作品だけ、他のとなんか違った。
蛍光色の物体が動いてたし、暗い一室にまとめられてたし。