2012年9月28日金曜日

録画してあった『太陽がいっぱい』

最後に妻が「おしかった、っちゅう話やね」とまとめていた。
全くである。

サスペンス映画とか犯罪ものというかか、こういうのは、けっこう時代風俗の影響を受けるなあと思った。
けっこう楽しんだけど。

2012年9月27日木曜日

美術としての音楽/音楽としての美術

鼎談者:蓮沼執太、大谷能生、畠中実

三時間!
:色々思ったけど一点だけメモ。
:「サウンドアート」より「音楽」という言葉の方が「創作活動とか批評意識を刺激する言葉」として使われてたように思う。たぶん「サウンドアート」という言葉の上位概念として使われていたのではないか。中川がなんとなく同意できないところ。

ともあれ、畠中さんには、一度、横浜都市文化ラボの授業で話していただきます。
大谷さんは、後期に横国で授業をやっていただきす。

みんな、受講してください。
「世の中にはこんな人がいてこんなことをこんな風に考えてるのか、ほう、面白いなあ!」と思うことでしょう。



iPhoneから送信

2012年9月23日日曜日

Turkish bath

I'm lucky to have this near the hotel.
近所にあって良かった。ちょっと腰が楽になった。

Salonpas made in Jpan

is also popular in Jordan !
Kammadatとやらを入手したところ、サロンパスだった!

2sheets = 1.25JD = c.160-165JY

2012年9月21日金曜日

ペトラ神殿

に向かう午前5時22分。
Ala夫妻と行く。
I'm going to Petra with Mr and Mrs Ala'. Now 5:22am in the morning at the lobby of the hotel.

2012年9月17日月曜日

Tate Modernでムンク展

面白かった。
あのぼやっとした絵筆の原因を、
写真、映画、目の病気
などに還元

象徴主義的な画家ではなく、あくまでも印象主義的な画家として提示

神経症の話は最後の部屋まで出てこないが、説得力のある展示で、感心した!

映画と目の病気が、ムンクらしい空間把握と人物描写になる、という展示が素晴らしかった。

2012年9月16日日曜日

Tate Modernにおけるクリスチャン・マークレイの位置

四階の年表によると、2000年以降のアーティストで、五才以下の子供たちのゾーンの上部だった。
子供たちは大騒ぎだった。

2012年9月15日土曜日

添削

してもらっている。
7300文字を4000文字まで、大きく削るのである。
さすがニシガタ先生。

機内で『宇宙兄弟』

うまくコンパクトにまとまっていたのではなかろうか。
地上では見ないと思うが、飛行機内で目覚ましに見るにはちょうど良かった。
機内って、やっぱ、なかなか集中できない。
本もなかなか読めないし。

小栗旬は良い感じの役者。
成田からヒースローで見ました。

2012年9月8日土曜日

三田村管打団?

楽しい演奏の団体だった!

柴田聡子バンド

演奏終了。
楽しかった。
なかなかの新聞紙さばきだったのではなかろうか。

楽屋で練習

してる柴田聡子と植野隆司。
と、開演まで居場所がないので、狭い楽屋についてきてそれを眺めている僕。

2012年9月7日金曜日

柴田聡子バンドで明日と明後日ライブ

明日(黄金町の試聴室で)と明後日(金沢で)、柴田聡子さんの後ろで新聞紙を叩きます。
いろいろバッタバタしてるので、新聞紙もバッサバサします。
ほかは三沢さんと植野さん。
以下、柴田さんのウェブサイトより


柴 田 聡 子 / s h i b a t a s a t o k o
ーーーーーーーーーーーーー

2012.9.8 【pop under ground showcase 2012】@黄金町試聴室その2

9/8、mapの小田さんの企画、【pop under ground showcase 2012】、黄金町試聴室その2公演に柴田バンドで出ます。
三田村管打団?、ヌケメバンド、柴田バンドの3つで、
柴田バンドは、植野隆司さん(ギター)、三沢洋紀さん(ベース)、中川克志さん(ドラムス、パーカッション)、柴田です。
このバンドで、翌日の金沢も行きます!
どうぞよろしくおねがいいたします。
詳細以下です。
ーーーーーーーー

『pop underground showcase』

出演:三田村管打団?、柴田聡子バンド、ヌケメバンド
2012年9月8日(土)
開場:17:00 / 開演:17:30
料金:予約 2,000円+1drink(500円) / 当日 2,500円+1drink(500円)
試聴室その2 http://cafe.taf.co.jp/live/index.html
ーーーーーーー 


2012.9.9 「しばたさとこ島」「Harmless」レコ発ツアー…team bambi presents herring roe vol.3 @ 金沢もっきりや

9/8に引き続きまして、翌日9/9はチームバンビさんの企画に出ます。
「Harmless」を発売した加藤りまさんとyojikとwandaさんとです。
柴田バンドは、植野隆司さん(ギター)、三沢洋紀さん(ベース)、中川克志さん(ドラム、パーカッション)です。
金沢、初めて行くところで楽しみです。
金沢のみなさま、全国のみなさま、どうぞよろしくおねがいいたします。
詳細、以下です。
ーーーーーー
9/9(日)18:00~ 前売¥2500
[「しばたさとこ島」「Harmless」レコ発ツアー…team bambi presents herring roe vol.3]
柴田聡子(vo,g) 加藤りま(vo,g) yojikとwanda(vo & g)
ーーーーーーー




ZKMのサウンドアート展のメモ

けっこう長時間見て思ったのは、あたり前のことだけど「サウンドアートと音楽は必ずしも必然的な関係性は持たない」ってことだと思う。
僕は「サウンドアートと音楽との間には必然的な関係性があるかもしれない」と思っていたのだろう。

以下、長めにメモ。
まだカタログができていないらしいので、作品名を参照できないので、まだ、ただのメモ。
ーーーーー
◯サウンドアートの類型化
できそうだけど、作品数が多すぎてすぐにはできなかった。
カタログもまだできていないらしいし、忘れる前にカタログ見ながら考えてみたい。

音を視覚化するもの(今回の展示ではどれだろう?)
音という自然現象のポエジーを利用するもの(ルシエなど)
音の珍しい聴き方を提案するもの(ベッド全体がスピーカーになっていた、あれ)
音をメディアとして用いるもの(ロルフ・ユリウスやカールステン・ニコライなど)
などかな?

音楽との関連性をまったく想起させない作品が多かったのも面白かった。
とりあえげている作品はたしかに多様で数も膨大だけど、色々縮約していくと、たしかに「サウンド・アート—音というメディア」展(2000年1月、ICC)くらいの作品数になる気がする。あれがかなり先駆的だったのが実感されて、驚く。

◯サウンドアートと「テクノロジー」
基本的にやはり、音響テクノロジーを使うことによって可能となる表現しかしていないものは、あまり面白くない。私たちが日常的に使う音響テクノロジーの別の在り方を提示してくれるものは面白い。「テクノロジーの可視化」という点で、最近のアルスエレクトロニカの流れとの共通点を想起しても良いし、やはりポール・デマリニスのことを考えるべきかもしれない。

サウンドアートと音楽は必ずしも必然的な関係性は持たないかもしれないが、サウンドアートの登場は、テクノロジーが使いやすくなってきた状況と必然的な関係性を持つに違いない。
テクノロジーを簡単に使えるようになったからこそ「サウンドアートと呼ばれるような作品群」は群として姿を現せたのだろう。
なので、テクノロジーを利用する私たちのあり方をテーマとしないものは、「サウンドアートとしても」面白くない(ドキュメンタリーとしては面白そうなものもあった)。
(だからこそ、アルヴィン・ルシエ、ジャネット・カーディフや、ロルフ・ユリウスの面白さが際立つのだろう。)

◯日本の場合
このまま輸入する意味はないだろうけど、実際に誰がどんな作品を作っている(作ることができる)んだろう。
テクノロジーをテーマとするものはやたら金がかかりそうだ。
アルヴィン・ルシエのようなスマートで粋な作品が増えると良いなあ。

ZKM:音被り

Ludger Bruemerの25個のスピーカーを使う繊細なKlangdamという作品があったのだけど、隣の、Bruce
NaumanのFuer Kinderのおかげで、台無し。
この作品から被害を被っている作品は多かった。

Rolf Julius, Peter Weibel, Timm Ulrichsの作品がもったいないかった。
いずれも、ナウマンの作品も、単体では面白いのだから、これは作家の責任とはいえないかもしれん。

Manon de Boer, Two Times 4'33, 2007

ザルツブルグで『John Cage Und...』展で見て、面白かったもの。
artintelligence » Play it Again, and Again, Manon: 4'33" at 5th Berlin Biennial:

Hatje Cantz Verlag | Kunst zum Hören

面白そうなカタログたち。ダルムシュタットのHouse Full of Musicにあったけど、ドイツ語しかない。残念。
http://ow.ly/dxhe4 
Hatje Cantz Verlag | Kunst zum Hören:

Christian Marclay, Guitar Drag, 2000

すごい迫力。
確かに、これをDVDで見ても意味がない。

これ、どれくらい後から手が入っているのか?
すべて生録でないことは確かで、後からけっこう手を入れているように聴こえる。すべて生録でないとしても驚きではない。
エンジン音少ないしな。
そもそも「録音」してる様子が映像に記録されていないし。
トラックでエレキギター引っ張るときに、シールド切れなかったのかな。

P.DemarinisのRaindanceは午後四時から!

ということで、今回はダメでした。
とても残念です。

La Monte YoungのDream Houseは、二週間前に取り壊されて、今は別のものを準備中です。
これも残念。

2012年9月6日木曜日

GIMPO空港に向かう

ために、韓国に入国してバスに乗ろうとしてます。
とはいえ実質、手間のかかるトランジットなので、町には行かない。すぐ着きそうだし。
もう少しで帰国だ。

機内で『テルマエロマエ』


Korean Airlineだけど日本語の映画があったので見始めたが、バカバカしくて今んとこ(30分経過)面白い。
皇帝(北村一輝)と知り合った。
阿部寛と上戸彩と三回目の出会い。初めて上戸彩とコミュニケーションをとり始めた。
これ、シャンプーハットも出演したらいいのにな。
そろそろ飽き始めた。
上戸彩がラテン語を自由自在につかこなすようになるのが速過ぎる。どうせならこれも「テルマエの効用」という話に仕立てたら良いのに。いや、仕立てるべきだろう。

しなければいけないこともせずに最後までみてしまった。
オチがつまらねえ。
弱い、つうか、オチなんかなかった。

テルマエ・ロマエ 豪華盤(特典DVD付2枚組)
B00948L42M

2012年9月4日火曜日

チャイナボックス

食べた。
外国風俗の細かな違いに敏感に反応しなくなったのは年取ったからだが、なぜ、年取るとそれらはどうでも良くなるのか?

2012年9月3日月曜日

質問:Tシャツについてきたシール

これ、なんすか?
明日と明後日の下着を手に入れてきたのだけど、シールが、ついてた。
これ、なんすか?

ということで

僕はいま、小さなイオンみたいなところにいる。
高の原を思い出してなんだか懐かしい。

「ということで」という名前のラブホが四条河原町にあったなあ…。

電源問題は解決した。

Apple製品ばっかで良かった。
デジカメを諦めて、以後はiPhoneのカメラだけでいく。
今日と明日の下着も確保したし、前進した気分だが、単にゼロに戻っただけである。
というか、マイナスに戻っただけである。

ブラウン管のテレビ

が現役の部屋に入れられた。
23時過ぎてから来たからだろうか、ネットの写真とえらく違う。物置みたいなとこかもしれん。明日、部屋変えてもらおうかな。
一人旅だし、シャワーがちゃんと使えたらそれだけで良いけど。

2012年9月2日日曜日

ザルツブルクに来てまでケージの展覧会

でも、これは良い展覧会だった!
眺めも良かったし。
得した気分になったので、駅に戻ろう。

崖の上

というのはあってた。
エレベーターで登る場所。
良い眺めである。

目的地は目の前にあった。

ただただ情けない。

ザルツブルクの近代美術館

への行き方がまったく分からない。
この崖の上なのだが。
あたりはまるで温泉地のような観光地である。
今日は移動日なのだが、飛行機の時間まであと三時間ほどザルツブルクにいないといけない。
で、ぶらぶらしてるわけだが、結局のとこら美術館とか博物館に行ってしまうわけで、自分の幅の狭さを反省する。

バスが事故った

ので途中で降ろされた。
誰も怪我しなくて良かったが。
今日は暑い。