2012年11月1日木曜日

The Animated Score, The Animated Sheet Music

これ、面白いなあ。
昨日The Animated Sheet Musicなるものを知って、今日はThe Animated Scoreなるものを知った。
The Animated Sheet Musicのほうは、ジャズの即興などを五線譜で書き記して、さらに、音響(演奏)とともに、その五線譜の音符を並べていくアニメーション。
The Animated Scoreのほうは、クラシック音楽作品の五線譜という音響指示記号を、色と図形に置き換えて、アニメーションで時間情報を表現したもの(参考:Beethoven’s 5th: The Animated Score | Open Culture)。
どちらも視覚的情報を通じて音楽を理解しようとするものだが、The Animated Score(クラシック音楽)の方は、音の動きとそもそも視覚的記号である五線譜をアニメーション化している。The Animated Sheet Music(ジャズ)の方は、音の動きを理解するために、五線譜という視覚的記号をアニメーション化している。
いずれにせよ、視覚的記号を経由したほうが音の動きは理解しやすい、ということか。

◯The Animated Score: Beethoven, 5th Symphony

◯The Animated Sheet Music: Miles Davis, So What, 1959

0 件のコメント: