2016年7月23日土曜日

ベートルズのライブ映像:2016年7月9日の黄金町試聴室その2のやつ

ベートルズのライブ映像です。
2016年7月9日の黄金町試聴室その2のやつ。
《むすんだうた》のほうは三沢さんが一緒に演奏してくれてるけど、右側で切れてます。
残念。
べえ本人は「好きにして」と言ってたのだけど、問題あったら削除するので、教えてください。

《カラス》


《むすんだうた》

メモ:平芳幸浩 2016 『マルセル・デュシャンとアメリカ: 戦後アメリカ美術の進展とデュシャン受容の変遷』 京都:ナカニシヤ出版。



国立国際美術館から今は京都工芸繊維大学に移った平芳さんの待望の単著。僕は待ち望んでいた。とくにフルクサスの章を。
たぶんどの章も、自分が院生時代、先輩の論文として何度も熟読して自分が論文を書く時に参考にしていたのだが、なかでも、これまでパブリッシュされてこなかったフルクサスとデュシャンとを扱った論文が収録されていて、素晴らしい。

ざっと全体をさらって、フルクサスの章を読み直してみて、思ったこと。
何度も精読したのに僕はまったくこういう切迫的に勢いがあり論理的にスピード感のある文章を書くようにならなかったなあ、ということと、10年以上経つとそれなりに僕も学術論文としての全体的な綾が理解できるようになっているなあということ。

文体はどんなでもいいのだけど、論理的に創発的な文章を作れるようになりたい。日本語でも英語でも。修行しないとな。


マルセル・デュシャンとアメリカ: 戦後アメリカ美術の進展とデュシャン受容の変遷 平芳 幸浩 https://www.amazon.co.jp/dp/4779510635/ref=cm_sw_r_tw_dp_BTJKxbTFNBCTX @amazonJPさんから

2016年7月15日金曜日

メモ:録画で『白い肌の異常な夜』(1971)

町山智浩のポッドキャストで聴いて以来、ずっと見てみたかった映画。面白かった。

白い肌の異常な夜 - Wikipedia
監督のドン・シーゲルは、クリント・イーストウッドとサム・ペキンパーに大きな影響を与えたとのこと。


白い肌の異常な夜(続・死ぬまでにこれは観ろ!) [DVD]
白い肌の異常な夜(続・死ぬまでにこれは観ろ!) [DVD]ジョン・B・シェリー

キングレコード 2015-08-05
売り上げランキング : 61583


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

メモ:司馬遼太郎『最後の将軍』

司馬遼太郎が週刊誌の少年漫画みたい、ってことがよく分かった。
マンが読むより安いし、これが再び流行ったりしないものなのだろうか。

最後の将軍―徳川慶喜 (文春文庫)
最後の将軍―徳川慶喜 (文春文庫)司馬 遼太郎

文藝春秋 1997-07-10
売り上げランキング : 16402


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2016年7月9日土曜日

[宣伝]7月9日(土)黄金町試聴室その2で、ベートルズのレコ発東京ツアーに参加します。




僕が参加する日は、他に、真夜中フォーク・ミュージック(植野さんと三沢さん)、チャーシュー(黄倉未来)も一緒に出てくれる日です。
べえは前日から翌日まで忙しそうです。
- - - - - - - - - - - - - - -
7/8金 神保町視聴室 池間由布子マンツーマンゲスト20時〜
7/9土 横浜黄金町視聴室その2 アンドアイラブハー19時〜
7/10日 HMV渋谷インストアライブ&握手サイン会14時〜
7/10日 ディスクユニオン池袋インストアライブ11時半〜
- - - - - - - - - - - - - - -
諸々の情報は、このオフィシャルブログツイッターを参照。
もちろん本人がやってるわけじゃないけど、ブログのほうは大ちゃんがやってるとのこと(!)


- - - - - - - - - - - - - - -
ということで、先日、久しぶりに京都のイデモト家に行って練習してきました。
最後にあの家に行ったのは、たぶん2011年か2010年に大阪のAlfieとかいうバーでライブするために練習して以来なので、5年以上ぶりに行ったのだけど、家の中も外も驚くほど変わりがなくて、しばしボー然としてしまった。
家に着くとすぐに昼ごはんが出てきて、とくに遠慮するわけでもなくいただいて、豚肉が美味しくて、そういや関西にいた頃は家に行くたびにご飯を食べさせてもらってたなあ、とか思い出したり。
練習はほとんど問題なし。そもそも新聞紙ドラムってベートルズのために考えたものだし、けっこうすぐに昔の感じを思い出して息を合わせられたし。
なぎには会えなかったけど、しょうちゃんには会えて。あのしょうちゃんが中3とは!!!と思いました。
大ちゃんも、とりあえずは元気そうで良かった。

という感じで、演奏するより雑談主体の練習で色々なことを筋もつながりも散らかったまま時間は過ぎていって、いろいろ感慨深かったのだけど、今ちょっと思い出して改めて驚いていることがひとつ。

ムートンが結婚した

ってさあ。
そうかあ。
いや、けっこうみんな知ってる話なんだろうけど、僕、全然知らなかったのでびっくりした。
めでたいなあ。
おめでとう!