2016年10月27日木曜日

高橋健太郎さんからの批判に対する谷口文和くんからの応答

以下、谷口くんからの応答です。本人から許可を頂いたので転載しておきます。うまくまとめてくれていて、ありがたいです。
高橋健太郎さんから頂いた批判(高橋健太郎さんによる『音響メディア史』批評。)に対する感謝、それへの応答方法(問題の切り分けが必要であること、すべてに拙速に反応すべきではないこと、ツイッターでやり取りすべきものではないこと等々)に賛同します。
僕もツイッターは時々眺めるという使い方しかしていないので、この谷口くんのツイートも妻がたまたま見つけてくれたものでした。
高橋健太郎さん、ならびにこの問題に関心を持っていただいたみなさまに、これが敬意を欠いた応答に見えないことを望みます。



- - - - - - - - - - - - - - -

2016年10月26日(水)10 tweetssource



@taninen
まず、すでに書いたとおり、『音響メディア史』に批判されるような瑕疵が多くある点については認識しており、指摘を受けて恥じ入るような箇所も多々あります。しかし、書籍としてどのように対応するのが妥当かということは、2、3日で結論の出るものではありません。
posted at 21:23:03
@taninen
いただいたご指摘の中にはさまざまなレベルのものが含まれており、適切な対応方法もそのレベルによって異なります。高橋さんも言われているように、すべての批判をそのまま受け入れれば良いというものでもありません。「こう言われたので直しました」と拙速に応じるのも望ましくないと考えます。
posted at 21:25:43
@taninen
次にツイッタ上で何らかの反応をすべきかという点ですが。本をどうするかとは別に、もっと議論を深めたいと思うご指摘もあります。しかしやはり、提起された問題がさまざまなレベルにわたっているため、それを丁寧に切り分けつつ答えるのにツイッタは適さないと個人的に考えています。
posted at 21:32:22
@taninen
また、応じなければならないかのような空気があることにも、少々抵抗があります。高橋さんによる当初の一連のツイートは、書名を繰り返し間違うような勢いでなされています。そういったテンションで次々投げつけられた言葉を逐一打ち返すことが著者の責務だとは、僕は考えません。
posted at 21:35:32
@taninen
ただ、そうした物言いで感情を害したといったことは一切ありません。僕は高橋さんのことをレコード史の研究家として尊敬してきましたし、その方からご意見をいただけたことをありがたく感じています。しかし、敬意を抱きつつ(ある特定の局面では)関わらない、という姿勢もあると思っています。
posted at 21:38:00
@taninen
これはあくまで谷口個人の見解であることは改めて強調しておきます。個人対個人であればいろいろな選択肢があり得ると思いますが、今回は複数の人間による本に関することであり、さらに直接関係のない広範囲な方が言及されています。その状況に対して以上のように書いたことをご了承ください。
posted at 21:42:09
@taninen
そもそも自分の場合、ツイッタではたまたまある時間に目に入ったものを読むということしかしていないので、あるツイートに反応しないことが何かしらの意味を持つような使い方はしたくないのです。
posted at 21:57:34


2016年10月26日水曜日

メモ:横溝正史『仮面舞踏会』

1962年から1963年まで連載の後中断し、1974年に完成したもの。
第二次世界大戦後に軽井沢で行われた現代音楽祭のことが登場するとのことなので数百ページを読み「音楽」とか「音楽祭」という言葉が登場する部分を確認したが、ゲンダイオンガクに関する話題はゼロだった。
まあ、当たり前なんだろうけど。

Google検索:横溝正史 仮面舞踏会
https://www.google.co.jp/search?client=safari&hl=ja-jp&ei=_1EQWJHAHYWF8gWglp3ACw&q=%E6%A8%AA%E6%BA%9D+%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E8%88%9E%E8%B8%8F%E4%BC%9A+%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E9%9F%B3%E6%A5%BD&oq=%E6%A8%AA%E6%BA%9D+%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E8%88%9E%E8%B8%8F%E4%BC%9A+%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E9%9F%B3%E6%A5%BD&gs_l=mobile-gws-serp.12...0.0.0.138375.0.0.0.0.0.0.0.0..0.0....0...1c..64.mobile-gws-serp..0.0.0.Oo4pLWNl8Gk

2016年10月23日日曜日

メモ:小杉武久 Music Expanded #2

大変良いものを見たな、と思った。
なんだろな、これ。
ただのファン心理でしかないかもしれん。
Walking (1982)を見て村上ショージのヤカン芸を思い出した。
Chamber Music (1962)を見て前衛芸術家の老化とは何かに思いを馳せた(後に、10月28日に草間彌生さんのインタビューを見て、この話題を思い出すことになる)。
波の映像を背後に演奏されるヴァイオリンは感動的でしかない。
やっぱ、ただのファンだな。
演者の5人より、川崎さんが一番長時間舞台にいた(舞台シモテにずっと座っていたので)。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「小杉武久 MUSIC EXPANDED 2016/10」をトゥギャりました。

- - - - -
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -









- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

中川 克志さんが写真3件を追加しました — 場所:  愛知県美術館
京都の日文研研究会の帰りに、小杉武久さんのコンサートを見るために、あいちトリエンナーレ最終日の名古屋に来たので、五時半に愛知県美術館に来れたので、Chris Watsonの作品だけ見ておこうと思ったのだけど、もう終わってた…。

中川 克志さんの写真

中川 克志さんの写真

中川 克志さんの写真

いいね!他のリアクションを見る
コメントする



小杉武久 music expand #2 を堪能してすぐに名古屋駅から新幹線に。
実は今日、人文研を出る前に忘れ物を取るため部屋に戻った時にスッテンコロリと転んだのだけど、今頃になって全身の関節に痛みが…。

中川 克志さんの写真

中川 克志さんの写真

いいね!他のリアクションを見る
コメントする
コメント
中川 克志

コメントする…