2017年3月30日木曜日

パロディ展@東京ステーションギャラリー、永田町現代音、モノモノ、陳楚翹 Bunchi Chan Cho-Kiu 『物の会議 / Object Conference』@西荻窪HATOBA




『パロディ、二重の声―日本の1970年代前後左右』@東京ステーションギャラリー
面白い展覧会だった。

いいね!他のリアクションを見る
コメントする
コメント

永田町現代音
とやらに来た。
どこかにギャラリーがあるわけではなく、この軒先にぶら下がっているスピーカーが作品らしい。
確かに、部屋さえなければ「音しかない展覧会」だと言えるのかもしれないが(もちろんそんなこともなく、目の前には美味しそうなパン屋さんが開店前々日だったが)、それ以前に、このパークレックス平河町というビルのマネージャーらしい美人の外国女性が説明してくれたことによると、どうやら、最初は大きな音のサウンドインスタレーションだったのだが、隣のビルから苦情が来て、音を小さくしたらしく、何も聞こえなかった。
つうか、スピーカーに耳を近づけても何も聞こえなかった。
「音しかない」どころか、何もなかった…。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外

いいね!他のリアクションを見る
コメントする
コメント
中川 克志 隣のビルって道路を隔てて30m以上は離れてるのだから、ほんとにその距離から苦情が来たのだとすれば、サウンド・インスタレーションの設置が下手過ぎるのでは…。














中川 克志さんが 永田町にチェックインしました。
これは木の瘤。
さっき永田町現代音に行って空振りだったとき、そこにいた人に「何の音もしないですね」と話しかけてからその場所を離れたら、その人が後から話しかけてくれて、色々お話して、そしてこれをもらった。
南雲 要さんという人で、山を歩き回って木の瘤を取って皮を剥いだらこういう良い感じのものになるらしく、今う家にこういうのが何百何千個あるらしく北海道でガイドしてるらしい。さすがに手放していこうと思ったらしいが、どうしたら良いか、あまり分からないらしい。
僕もどうなるのか分からないけど、美術館のミュージアショップとか道の駅とかで売れそうな気もする。
とりあえず、永田町は安保法制の時のデモ依頼だし、いけすかない町だなあと思ってたので、思いもかけず、落ち着いた会話ができて良かった。
そういや確かに、この街では、僕と南雲さんは似た雰囲気だな。僕は圧倒的にひ弱とはいえ。無精ヒゲあるしな。

画像に含まれている可能性があるもの:薬指

いね!他のリアクション
コメント
コメント



中川 克志さん ( 中野区)。
20時間前
モノモノに来た。
中野の普通のマンションの一室。
今、絡んでいるのは、秋岡芳夫さんの次(の次)くらいの世代なのかな?
そうじゃなくても、勉強会などにも使えるらしい。横浜から気軽に使える場所じゃないけど、良い場所だ。
ともあれ、今の代表の方と色々話してるときに、僕は41であると言うと、「おお、もっと貫禄があるように見えました(=もっと年配に見えました)」と言われて少し残念な気分になったのは秘密だ!

画像に含まれている可能性があるもの:立ってる(複数の人)、屋外

いいね!他のリアクションを見る
コメントする
コメント


中川 克志さんがArt Center Ongoingさんのイベントをシェアしました。
18時間前
Bunchiさん(陳楚翹 Bunchi Chan Cho-Kiu)の展示を鑑賞。
香港では写真や絵画を制作していたけど、彫刻とインスタレーションとの間のようなものを作るために音を使ってみたいと思っていたらしく、今回初めて、音を組み込んだ作品を制作したとのこと。
小さなシャベルを使った作品がステキでした。土も含めて香港に持ち帰りたいらしい。税関で引っかからないのかなあ、と思った。
西荻窪まで行ったけど、あまり空腹ではないので、坂本屋には寄らずに帰宅!
3月29日
3月29日〜4月2日HATOBA東京都東京都 杉並区
興味あり29人・参加予定24人

いいね!他のリアクションを見る
コメントする
コメント
中川 克志 これ。瓦の音と土の音が良い加減で混ざっていて、キュートだった。

-0:23


中川 克志 まだ二十代とのこと
https://www.chanchokiu.com/




H o m e 
CHANCHOKIU.COM