2020年8月31日月曜日

メモ:石井あらた『「山奥ニート」やってます。』(光文社、2020年)

和歌山の限界集落の山奥で、ニートが15人生きているとのこと。
へえー、こういう生活があるんだあ、と思った。
ほぼすべての文章が、ワンセンテンス毎に改行していた…。
〈山奥で自由気ままに生きる〉というのは羨ましい限りだが、〈基本は一人で、将来的な向上心を持たずに生活する〉というのが僕には無理だろうなあ。
でも、いろんな人生があり得る、ってことだな。


 

0 件のコメント: