2020年1月3日金曜日

メモ:老人漂流社会

kindle unlimited読書。
恐ろしい。和歌山の母親は十分な額の年金をもらっているが、自分の年代はもうもらえないだろうし、十分な額の年金をもらっていても、人生一瞬先は闇、みたいな事例がたくさんある。そんなことになっても幸せな気分を味わって生きていくことはできるのか、はたまた、そんなことになっても生きていたいものなのか。
などなど。

0 件のコメント: