2011年8月8日月曜日

ヴォディチコの基調講演

は、けっこう長めで、がっちり理論的な講演だった。
半分くらいしか論旨を終えなかったが、いくつか面白いことを言ってた。
戦争のモニュメントはあるが、平和のモニュメントはない、とか、アーティストの仕事はmake things visibleだとか、民主主義を妥協と取り違えるな、とか、そこらへん。
聞き漏らした細かい話が多かった。
クシシュトフの英語はゆっくりだし聞き取りやすいのだが、ときおりさっぱり分からなくてポーランド語?と思うときがある。

0 件のコメント: