2013年5月28日火曜日

DVDで『マジカル・ミステリー・ツアー』(1967)

初めて見た。驚きのダメ映画。なんとも中途半端な映像の羅列(「連続」ではなかった)。アメリカではテレビ放送がキャンセルされ、1976年まで見ることが出来なかったというのも頷ける

何よりもまず、物語の展開が理解できない。たぶん「マジカル・ミステリー・ツアー」という旅行パックみたいなものに出かけた珍道中のエトセトラなのだと思うけど、定かではない。
また、編集がおかしい。「男性のバスガイドが話す様子に見とれるデブの女」のショットが、ちゃんとその女を真ん中に捉えていないし、一瞬しか映らない。一瞬しか映らないので、その女を捉えようとしたのか、バスの乗客全員を群衆として捉えようとしたショット群のひとつなのか、区別しづらい。これは「実験」とか「冒険」の結果じゃなく、単に「下手」とか「無知」だったのだと思う。こういった「無駄に/意味なく/不要に"映画文法"から逸脱した編集」が多いので、とても見にくい。

PVみたいな部分だけ見るしかないのだけど、それでもクオリティは低い…。

マジカル・ミステリー・ツアー [DVD]
B00918ZVCO

0 件のコメント: