2013年6月8日土曜日

録画してあった『ミラーを拭く男』(2004)

最初の数分が面白そうだったのでこれは面白そうに違いないと思ったが、わけのわからん話だった。主演が緒形拳、その家族が栗原小巻、国仲涼子、DA-PUMPのISSA、脇役に岸部一徳、津川雅彦、笑福亭松之助、大滝秀治、声だけ出演で長門裕之、テーマ曲が美輪明宏などなど、けっこうシブそうだなあと思ったが、時間がたつほど、わけが分からないお話になっていった。
緒形拳が話しなさ過ぎ。
見てる側もまったく感情移入できない。

ISSAって良い俳優なのかもなあ、と思ったけど、金髪ピアスで普通に昼間に仕事しているって設定が分からなさ過ぎる。
そんな感じのアラが目立つ映画だったなあ。
結局、緒形拳はどういう仕事をしていてどんな性格でなぜミラーを拭き始めたのかさっぱり分からなかったし。

ja.wikipedia.org/wiki/ミラーを拭く男

0 件のコメント: