2018年11月18日日曜日

メモ:小澤勲『痴呆を生きるということ』(岩波新書、2003年)、 池谷裕二『パパは脳研究者』(クレヨンハウス、2017年)


両方同時に拾い読み。感慨深い。
小澤勲『痴呆を生きるということ』(岩波新書、2003年)
池谷裕二『パパは脳研究者』(クレヨンハウス、2017年)
後者は、新進気鋭の美学者・森功次くんに、この前の美学会でご推薦していただいもの。

ニュースフィード



0 件のコメント: