2012年11月5日月曜日

メモ:マイク・モラスキー『ジャズ喫茶論』(2010)

に、京都のろくでなしへの言及があることに気づいた(212-214)。
文章になると、ひとは真人間みたいに見えることもあるなあ、と思った。

あとSterne2003の引用があったのだけど「ジョナスン・スターン」で引用されていた。確かに「ジョナスン(Jonathan)」と記すほうが発音は近いと思うけど、ファミレスに敬意を評して、今後も「ジョナサン(Jonathan)」でいこうと思った。

ジャズ喫茶論 戦後の日本文化を歩く
マイク・モラスキー
4480873619

マイク・モラスキー(Michael S. Molasky) 2010 『ジャズ喫茶論―戦後の日本文化を歩く』 東京:筑摩書房。

0 件のコメント: